Gジャン選びはサイズ感が命。あなたにあったデニムジャケットの選び方

どんなコーディネートにも合わせやすく着回し力が抜群のGジャンは、男女問わずに人気の高いアイテム。

そんなGジャンを選ぶときに大切なのは『サイズ感』。同じGジャンでもサイズ感によって印象が大きく変化します。

この記事では「ジャストサイズ」「オーバーサイズ」「ちょいゆるサイズ」の3種類の特徴をご紹介いたします。

1,体のラインをキレイに見せる「ジャストサイズ」

Gジャン

一番の定番は「ジャストサイズ」。体のラインを一番キレイに見せてくれるシルエットです。

流行り廃りがないシルエットなので長く愛用したい方や、キレイめなコーディネートが好きな方、Gジャン初心者におすすめです。

ただ、デメリットが1つあるんです。それは、Gジャンの中に着るインナーが限られてしまうこと。

ジャストサイズのGジャンは中に厚手のセーターなどを着込むことができません。そうなると、真冬に着るのは厳しい・・・?

いやいや、大丈夫です!ジャストサイズの場合は、Gジャンをインナーとして着ることもできるんです。

真冬はGジャンをインナーとして取り入れて、上からコートを羽織りましょう。アウターオンアウターの着こなしで寒さ対策もバッチリです。

ジャストサイズを選ぶ時のポイント

1,肩幅があっているか

ジャストサイズのGジャン選びは肩幅に注目!肩をつまんで1cmほどゆとりのあるものを選びましょう。

肩が小さすぎると腕が上げづらく着心地が悪くなりますし、大きすぎるとバランスが悪くなります。

2,肩から背中のラインがピチピチしていないか

いくらジャストサイズと言えども、肩から背中のラインがピチピチで生地が張っている状態はNG。Gジャンを選ぶ時には後ろ姿のチェックを忘れずに。

3,着丈はウエストラインよりも少し下がベスト

短いとインナーとバランスをとるのが難しく、長いと野暮ったい印象を与えてしまいます。

ウエストラインよりも少し長く、ボトムスのベルトが少し見えるくらいの着丈がちょうど良いでしょう。

ジャストサイズを着こなすコツ

ジャストサイズのGジャンはボリューミーなボトムスと相性良し!

Gジャン

WEAR

Gジャン

ジャストサイズのGジャンは上半身がコンパクトなので、ボリュームのあるボトムスとの相性抜群。全体のバランスが良くなり、スタイルアップが叶います。

アウターオンアウター

Gジャン

WEAR

Gジャン

WEAR

真冬にジャストサイズのGジャンを着る時には、Gジャンをインナーにし、コートを羽織りましょう。オーバーサイズのGジャンだと着膨れしてしまうので、ジャストサイズならではの着こなしです。

 

2,インナーで遊べる「オーバーサイズ」

Gジャン

WEAR

最近流行りのオーバーサイズ。自分のサイズよりも2サイズ位大きいサイズをあえて選んで、ゆるっとした着こなしを好む方が増えています。

ストリートファッションが好きな方や「こなれ感」のあるスタイルが好きな方はオーバーサイズがおすすめです。

インナーを工夫することで、いろいろなコーディネートを楽しめるのも嬉しいポイント。

ジャストサイズのGジャンをすでに持っている方は、オーバーサイズに挑戦することでオシャレの幅が広がりますよ。

オーバーサイズを選ぶ時のポイント

1,2サイズ大きめのサイズがおすすめ

もともとオーバーサイズとして売られているものもありますが、自身のジャストサイズの2サイズ位大きいものを選んでオーバーサイズとして着こなすことも可能。

2,長すぎる着丈はNG

お尻がまるっと隠れてしまう程大きいサイズは着こなしが難しいのでおすすめしません。

オーバーサイズを着こなすコツ

1,肩は思い切り落としてOK

Gジャン

WEAR

オーバーサイズをそのまま羽織るだけだと、野暮ったいイメージを与えてしまいます。オーバーサイズを着る時に大切なことは「こなれ感」。

思い切り肩を落としてルーズなオシャレを楽しみましょう。女性はえり抜きするのもおすすめです。

2,袖はロールアップしてスッキリと

Gジャン

ドロップショルダーやえり抜きをすると袖丈も長くなるので、ロールアップするのがおすすめ。手首を見せることでダボっとしたシルエットでもすっきりと見せることができますよ。

3,「Yライン」を意識するとバランスが◎

Gジャン

WEAR

Yラインシルエットは、全身が「アルファベットのY」のように見えるシルエット。上半身にボリュームがある場合、下半身に細身のボトムスを合わせることでYラインが完成し、バランスの取れたコーディネートになります。

そのため、オーバーサイズのGジャンを着る時にはボトムスに細めのシルエットを合わせることで、全体のバランスが良くなり、スタイルアップ効果も期待できますよ。

 

3,ジャストサイズとオーバーサイズの中間「ちょいゆるサイズ」

Gジャン

WEAR

オーバーサイズを着こなす自信がないけれど、インナーを工夫して着回したい方はジャストサイズよりも少し大きく、オーバーサイズほど大きくない、1サイズ大きめの少しだけゆるめのサイズもおすすめです。

ちょいゆるサイズなら、Gジャンの下に厚手のセーターを合わせることもできるし、大きめのコートにならインナーとして着回すこともできますよ。

Gジャン

WEAR

 

あなたはどのサイズがお好み?

「ジャストサイズ」「オーバーサイズ」「ちょいゆるサイズ」あなたはどのサイズがお好みですか?

ボブソンのGジャンはSサイズからXLサイズまで4種類のサイズと3種類のカラーをご用意しております。

もちろん生地には岡山デニムを使い、デザインはもちろんのこと品質にもこだわっています。

Gジャン

ワンウオッシュ

Gジャン,ワンウオッシュ

ヴィンテージウオッシュ

Gジャン,ヴィンテージウオッシュ

ケミカルウオッシュGジャン

Gジャン,ケミカルウォッシュ

あなたにピッタリの1枚を見つけて、Gジャンを使ったコーディネートを楽しんでくださいね。

Gジャンを使ったコーディネートはこちらの記事でも紹介しています。

【レディース】Gジャンコーディネート

【メンズ】Gジャンコーディネート

ボブソンオンラインショップへ