岡山県が発祥!国産ジーンズの歴史と魅力とは。

国産デニム発祥の地は、東京でも大阪でもなく、実は「岡山」なのです。

今日では世界中のジーンズ愛用者から注目されている「岡山デニム」

この記事では国産ジーンズが岡山で誕生した歴史と岡山デニムの魅力をお伝えしたいと思います。


国産ジーンズはなぜ岡山で生まれたのか?

国産ジーンズ

国産ジーンズ発祥の地「岡山県倉敷市児島」は古くから繊維の町として知られ、学生服の生産が盛んでした。

しかし、1963年のピークを超えると徐々に学生服の生産は減少しました。

そこで、学生服に代わって台頭したのがジーンズ。

当時学生服を扱っていた「マルオ被服」(現:ビックジョン)が先駆けでジーンズ開発に取り組んだのです。

しかし、当時使われていたアメリカのデニム生地は、とても硬くゴワゴワしており、はき心地が良いとは言えませんでした。

ジーンズを日本で拡販する為に、はき心地の良さを追求し、生地を柔らかくするための洗い加工の技術が岡山で誕生しました。

その後の1973年には、倉敷紡績が初めて国産のデニム生地を生産。

これにより、ジーンズ作りに必要な「生地・縫製・加工」全ての工程を岡山県内で完結させることが可能になりました。

このような流れから、岡山県ではジーンズの生産が盛んになり、今日では「Made In 岡山」のジーンズのクオリティの高さは世界からも認められ、岡山は国際的にもデニム・ジーンズの聖地として有名になりました。

今でも岡山には100を超える有名なジーンズ関連企業が集まっています。

 

高品質な岡山ジーンズの魅力とは

国産ジーンズ

岡山ジーンズの魅力はなんと言ってもクオリティの高さにあります。

ジーンズ1本1本に、長い年月をかけて培われてきた職人の知識・経験・技術がたっぷりと詰め込まれているのです。

穿くたびに味が出る高品質な岡山ジーンズに魅了される方が続出しています。

 

世界的に誇る「藍染め」の技術

岡山ジーンズの持つ最大の魅力と言えば、藍染めの技術。

伝統的な藍染めの技術を活かし、デニムの糸の中心部は藍染する前の白色をキープしています。
そのため、穿き込んで色落ちした時に「芯白(しんぱく)」と呼ばれる美しい経年変化が生み出されるのです。

穿き込むほどに美しく変化するのが岡山ジーンズの最大の魅力であり、多くの方から愛される理由と言えるでしょう。

 

すべての工程を岡山で完結。高品質で安定した製品づくり

岡山には「紡績→染め→織り→裁断→縫製→加工」と工程ごとに専門の工場があります。

岡山県内の工場どうしが連携することで、高品質で安定した製品づくりが可能になっています。

そのためジーンズ生地はもちろんのこと、ボタンフライ•レザーパッチ•ベルトループ•ファスナー•リベットなど、細部に至るまで丁寧かつ高品質なジーンズが生み出されるのです。

 

限られた職人だけの技「赤耳(セルビッチ)」

セルビッチ

「セルヴィッチデニム」をご存知でしょうか?

セルヴィッチとは、「赤耳」とも呼ばれる生地の耳(生地の端)のこと。

ジーンズをロールアップした時にチラリと見える「赤耳(セルビッチ)」はコーディネートのさりげないアクセントになり、ジーンズ好きから高い人気があります。

そんなセルヴィッチデニムはシャトル織機(旧式力織機)でなければ織ることができず、限られた職人だけの技術になっています。

岡山のジーンズ職人達は、こうした古い技術を現代に継承し続けているのです。

 

進化し続けるジーンズの機能性

岡山ジーンズは常に進化し続けています。

合成繊維を組み合わせたストレッチジーンズ
温感やクール体感やなど機能性を付加したジーンズ
原料や染料へのさらなるこだわり

美しさはもちろん、はき心地にもこだわり、ジーンズの無限の可能性を追求し続けています。


BOBSONも岡山生まれ岡山育ちのジーンズブランド

国産ジーンズ

BOBSONも岡山で生まれたジーンズブランド。

1969年に岡山に創業し、人と服とのあり方を50年以上にわたり探求し続けてきました。

レーヨンのジーンズへの採用
ケミカルウォッシュ
ベルボトム

数々の流行を発信し、日本のジーンズ文化を豊かにしてきました。

BOBSONオンラインショップでは高品質かつ低価格な岡山産デニムを多数ご用意しております。

常に探求心を持ち新商品も開発しているので、ぜひチェックしてくださいね。

ボブソンオンラインショップへ