ジーンズの洗い方徹底解説!手洗いは?洗濯機は?色落ちせず長持ちさせる方法

「ジーンズって洗っていいの?」

「ジーンズは洗ったらダメ!」って言葉をよく耳にしますよね。

「ジーンズならではの色味や風合いが消えてしまうから」「色落ちや縮みの心配」など様々な意見があります。

洗濯をすれば風合いが変化してしまう場合もありますが、履いたジーンズには必ず汗やニオイがつきます。

それを放置すると取れるはずの汚れが取れなくなったり、生地の老化にも繋がってしまいます。

そうならないためにも、キレイに長く履けるようにジーンズは洗うことが大切です。

この記事では、ジーンズを洗う際の注意点や綺麗に長持ちさせるための洗い方について解説します。

ジーンズは洗わない方がいいは間違い?

ジーンズ 洗い方 間違い

「ジーンズはなるべく洗わない方がいい」という声はよく聞きますが、実は間違った情報なんです。

元々は、アンティークジーンズ、オールドジーンズと呼ばれるような高価なジーンズに関して、洗わずにそのままの風合いを保とうという意味で言われていた声でした。

しかし、一般的なジーンズも洗わない方がいいという解釈に間違って捉えられるようになり、間違った情報が飛び交うようになってしまったんです。

実際は、以下のような正しい情報を知っておけば、ジーンズは洗っても大丈夫なんです。

ジーンズを洗う前に知っておくべき注意点

ジーンズ 洗濯

ジーンズはお洋服の中でもトラブルがおきやすい衣類ですよね。

『ただ洗濯機に入れて洗う』だけではなく、大事な注意点が5つあります。

大切なジーンズが縮んだり色落ちしないために知っておきましょう。

ボタンとファスナーは閉めておく

ボタンを開けたまま洗濯をすると、ボタン周りの生地がどんどん弱ってきてしまい、外出中に取れてしまったり、ファスナーの金属部分がジーンズに擦れて生地を傷つけてしまったりします。

ジーンズ自体の型崩れの原因にもなるのでボタンとファスナーは閉めておきましょう。

ロールアップ部分は伸ばしておく

ロールアップ部分には埃や汚れが結構溜まりやすいです。

洗濯する前に伸ばしておき、ゴミなどがついていないか確認しておきましょう。

伸ばさないままお洗濯するとシワになったり、折り畳んでいる部分だけ色落ちの原因にもなるので気を付けましょう。

ジーンズを裏返して洗う

表向きのまま洗濯するのもいいですが、生地同士が擦れて一部だけ色が変わってしまったり、生地へのダメージも大きいです。

裏返して洗濯することによってこれらを防ぐことができます。

他の衣類に気を付ける

ジーンズを洗うときは他の衣類とは一緒にせずに、ジーンズ単体で洗いましょう。

デニム生地は洗うとどうしても色落ちしてしまうので他のお洋服に色移りするかもしれません。

そうならないようにジーンズまとめて洗うか、手洗い洗濯をしましょう。

おしゃれ着洗い用洗剤を使用する

ご家庭にある一般的な洗濯用洗剤は『アルカリ性』の洗剤がよく使われます。

しかし、洗浄力が強すぎるため、返ってそれがジーンズを傷つけてしまう原因になります。

ジーンズの風合いをキープするために、中性洗剤やおしゃれ着洗い用洗剤を使いましょう。そして、漂白剤などの合成洗剤は使わないように気を付けましょう。

中性洗剤の見分け方は、洗濯用洗剤のパッケージに『中性』と記載されていますのでチェックしてみてくださいね。

ジーンズを長持ちさせるための洗い方

ジーンズ 洗い方 洗濯機

ジーンズを長持ちさせるためには、5つの注意点があります。

以下の5つさえ最低限意識していれば、ジーンズは長持ちするので、ぜひ知っておいてくださいね。

高頻度で洗わなくてOK

ジーンズは洗えば洗うほど色落ちしてしまうので、履くたびに洗わなくてもOKです。

季節にもよりますが、5~6回に1回やニオイや汚れが気になった時に洗うだけで大丈夫です。

風合いや個性を出したいときは洗う回数を少し増やすなど調節してみましょう。

ジーンズ専用洗剤を使う

ジーンズ専用の洗剤があるのはご存じですか?

色落ちを防ぎ、汚れだけ落とす洗剤やパリッと感を出すもの、柔らかさを出すもの、香りがある洗剤など、実は意外と種類豊富なんです。

お値段は少ししますが、高価なジーンズやお気に入りのジーンズに使ってみるのも良いですね。

「手洗いモード」や「ドライコース」で優しく洗う

ジーンズを洗濯機で洗うときは「手洗いモード」や「ドライコース」で優しく洗いましょう。長時間の洗濯を避けるため、「洗い」や「すすぎ」を短くし脱水を1分にするなど調節してください。

洗濯が終わったらすぐに干す

洗濯機の中に濡れた状態のジーンズを放っておくと雑菌が繁殖しやすくなります。

それだけではなく、部分的に色落ちしてしまったりシワの原因にもなるので脱水が終わったらなるべく早めに取り出しましょう。

乾燥機はNG

衣類を手っ取り早く乾かすには乾燥機を使うのが手ですが、ジーンズの場合高温の熱風を当てることによって縮んでしまいます。

生地を傷めてしまう可能性もあるので注意が必要です。

「お気に入りのジーンズが縮んでしまって履けなくなった」なんてことがないように、ジーンズを洗う際は乾燥機の使用を避けましょう。

ジーンズの干し方

ジーンズ 洗い方 干し方

ここまで、洗濯方法についてお伝えしてきましたが、実は干し方にもポイントがあります。

5つのポイントを理解することで、型崩れや色落ち、シワを防ぐことができるので、意識してみてくださいね。

形を整えてシワを伸ばす

脱水が終わったら、まず全体のシワを伸ばしましょう。

両手でジーンズを挟んで叩くように伸ばせば問題ありません。

ウエストと膝の部分は軽く引っ張り形を整え型崩れを防ぎましょう。

できるだけ日陰で干す

ジーンズを干すときは風通しの良い日陰で干すのがポイント。

室内でも良いですが外で乾かすとより良いです。

天日干しだと殺菌効果がありますが日光が直接ジーンズに当たると変色する可能性があるので、どうしてもニオイなどが気になるときだけ干すなど工夫してください。

裏返して干す

裏返して洗濯した後は、そのまま裏返した状態で干しましょう。

裏返すことによって万が一、日光がジーンズに直接当たっても色落ちを防ぐことができます。

さらに裏返して干すことによって生地の重なる部分が少なくなり乾きにくいポケットなども早く乾きます。

逆さまにして干す

水分を含んだジーンズって結構ドシっと重たいですよね。

逆さまにして干すことで、重みで生地が引っ張られジーンズの縮みを防ぐことができるんです。

洗濯ばさみやボトムハンガーなどを使って吊るせば大丈夫です。

ストレッチが効いているジーンズは逆さまにして干すと伸びてしまう恐れがあるので注意が必要です。

筒状にする

筒状にして干すことによって中に空気が入り、風通りがよくなり手っ取り早く乾かすことができます。ジーンズの厚い生地でもきちんと乾き、湿った嫌なニオイなども残らず時間短縮にもなります。

ジーンズを手洗いする場合の洗濯方法

ジーンズ 洗い方 手洗い

色落ちなどを最小限に抑えれる洗濯方法は手洗い洗濯です。

時間と手間はかかりますが元々のジーンズの色味をキープし、生地に負担をかけることなく洗えます。

ポイントさえ気を付ければ洗濯方法自体はとっても簡単なのでぜひチャレンジしてみてください。

大きめの桶とおしゃれ着洗い用洗剤を用意する

ジーンズがすっぽり入るサイズの桶を用意してください。

もし大きめの桶がない場合は、洗面所やシンクなどでもOKです。

汚れがある場合はおしゃれ着用洗剤を使って洗います。

必ず水で洗う

手洗い洗濯のポイントとして水で洗うことです。

お湯を使って洗うと汚れは落ちやすいですが、色落ちや縮みの原因になる恐れがあるので必ず水で洗いましょう。

桶に水を張っておしゃれ着用洗剤を入れてしっかり溶かします。

洗剤の量は手洗い時の表記に沿った洗剤の量をいれてくださいね。

そこに裏返して折り畳んだジーンズをゆっくり入れます。

10分~15分つけ置きする

液体をジーンズ全体に浸透させることで汚れを落としやすくします。

つけ置きしただけでもある程度汚れは落ちますよ。

水の色が茶色っぽくなっていたら汚れが落ちている証拠です。

長時間のつけ置きはインディゴの染料が落ちてしまうので10~15分ほどにしましょう。

押し洗いする

つけ置きが終わったら水を捨て、新しい水を張ってジーンズを桶の底に付くように両手で優しく押し洗いします。

『押して』『持ち上げて』の動作を2~3回繰り返し途中でジーンズの向きを変え、全体をすすぎます。

洗剤がまだ残っているようでしたらもう一度すすいでください。

その時に擦ったり、強く揉み洗いしないように気を付けてくださいね。

洗濯機で脱水する

洗剤がしっかり取れたら洗濯機を使って脱水しましょう。

型崩れが心配な方はネットに入れてくださいね。

手洗い洗濯の場合も脱水時間はなるべく短く設定し素早く終わらせましょう。

脱水が終わったら洗濯機から早めに取り出し干してください。

特殊なジーンズの洗い方

ジーンズ 洗い方 ダメージジーンズ

ここまでは一般的なジーンズの洗濯方法について解説してきました。

しかし、ダメージジーンズやホワイトジーンズは個別で注意する点があるので、一つずつ解説しますね。

ダメージジーンズは、必ず洗濯ネットを使用する

ダメージ加工部分をさらに広げてしまわないように洗濯ネットに必ず入れましょう。

ネットのサイズに合わせてジーンズを三つ折りにして入れると型崩れやシワも最小限に防げます。

ネット1枚にジーンズ1枚を入れて他のジーンズと擦れたりしなように注意してください。

ホワイトジーンズの洗い方

ジーンズ 洗い方 ホワイトジーンズ

通常の洗剤でOK

普通のジーンズと違って中性洗剤やおしゃれ着洗剤をわざわざ使う必要はありません。

どのお家にもある蛍光剤、漂白剤が入っている洗剤で大丈夫です。

液体洗剤より、粉末洗剤の方が洗浄力があるので汚れをしっかり落としたいときには効果的ですよ。

洗剤だけ変えたらあとの工程は普通のジーンズと一緒です。

ドライコースなどで優しく洗ってくださいね。

薄い色のブルージーンズや、キナリなどの淡い色のジーンズなどのお洗濯のときは、色落ちしないように中性洗剤やおしゃれ着洗剤で洗うように気を付けてください。

ジーンズを洗濯しない時のお手入れ方法

ジーンズ 洗濯しないとき

「洗うほど汚れていないけどニオイが気になる、、、。」「少しだけシミがついた」なんてことももありますよね。

そんなときの対処法も合わせてお伝えします。

部分洗い

一部分にしか汚れがついていない場合は、水で薄めた中性洗剤を布に含んで軽く叩いて落としましょう。

「染み抜き」をするときのように、汚れがついたジーンズの生地の裏に布をひくと良いですよ。

そのときに擦ったりしないように気を付けてください。

汚れが布に染み込むようにジーンズを「軽く叩く」のがコツです!

スチームアイロンを使う

蒸気のでるスチームアイロンを使う事でジーンズを傷めず、ニオイを取ることができます。

スチームアイロンをジーンズから少し離して、シワが伸びるように形を整えながらかけると仕上がりが綺麗になります。

外で干すだけでも効果的!

スチームアイロンより、もっと簡単な方法が外で干すことです。

直射日光を避けるためにジーンズは裏返して風通しの良い日陰で干しましょう。

汚れがなく、ニオイだけが気になるときは外で干すだけでも意外と効果的ですよ。

おわりに

BOBSON ジーンズ うさぎ

今回はジーンズの洗い方について紹介しました。

意外と知られていないポイントや注意点がたくさんあったと思います。

ジーンズはカジュアルから、今ではフォーマルにまでも色んなシーンで大活躍し、とても着やすいアイテムとなりました。

たくさん履き、洗うことで色味が変化し味が出てそれが個性となります。

自分好みのジーンズになるように上手に洗濯し、長くキレイに履き続けたいですね。

ボブソンオンラインショップへ