ジーンズを洗濯しないのは間違い?色落ちを防ぎ、長持ちさせる洗濯術を徹底解説

「ジーンズを洗濯すると、色落ちして台無しになるんじゃないか心配」

お気に入りのジーンズほど、洗濯せずに使い続けてる人もいるのではないでしょうか?

しかし、ジーンズは衣類。洗濯をしないと汗や皮脂のニオイが染み付いて、取れなくなってしまうこともあります。

ジーンズは正しく洗濯をすれば、良い状態を長くキープさせることが出来るんです。

この記事では、色落ちや型崩れを防ぎ、ジーンズを長持ちさせる洗濯の仕方や、洗濯前の注意点について解説します。

 

ジーンズは洗濯すべき!その理由は

ジーンズ 洗濯

ジーンズは一度洗うと、色や風合いが失われることから洗わないほうがいいと思われがち。

しかし、ジーンズは適度に洗濯をしないと不衛生なだけでなく、汗や皮脂によって生地を傷めてしまいます。

また、カビが生えて色が抜けてしまう原因にも。

大切なジーンズを長く愛用していくためにも、ジーンズはむしろ洗濯する必要があります。

適度に洗濯をしてメンテナンスしていきましょう。

 

ジーンズを洗濯すると色落ちの心配はないか?

ジーンズは洗濯すると色落ちしますが、洗濯しなくても日々の着用によって、実は色落ちしているんです。

もともとデニム生地はしっかりしていることから作業着に使われていて、風合いが楽しめることで愛されていました。

大切なのは、自分好みの状態に仕上げるために「どのような方法で洗濯するか」ということ。

洗濯する度に毎回違う仕上がりに出来るのかジーンズの良さです。

上手に洗濯をして、ジーンズの色味をぜひ楽しんでいきましょう。

 

ジーンズを洗濯する頻度

ジーンズは5〜6回に一回洗濯しましょう。

もし汚れやニオイが気になる場合もすぐ洗濯して大丈夫です。

 

ジーンズを洗濯をする前の注意点

ジーンズ 洗濯 表示

ジーンズを選択する前には、知っておくべき注意点があります。

順番に解説していきますね。

 

洗濯の表示を確認しよう

ジーンズはもともと綿100%であることが一般的でしたが、最近では様々な素材を使ったジーンズが増えてきました。

ジーンズを洗濯する前に、まず洗濯が出来るかどうかを生地の裏面にある洗濯表示を確認しましょう。

中には漂白剤入りの洗剤もあるので、ジーンズを洗う際は「中性洗剤」を選ぶことを推奨します。

洗濯表示は他の衣類にも共通して表示されているので、覚えておくと便利ですよ。

以下のマークがある場合、漂白剤入りの洗剤は使えませんのでご注意ください。

ジーンズ 洗濯 漂白剤入りの洗剤が使えない マーク

ジーンズ以外の衣類と一緒に洗わない

ジーンズを他の衣類と一緒に洗うと色移りする恐れがあります。

また、複数枚のジーンズをまとめて一緒に洗うと擦れが生じるので、なるべく色を落としたくない場合は単独で洗うことをおすすめします。

 

お湯を使わず水で洗う

お湯で洗濯すると、ジーンズの色落ちや縮みが起こり得ます。

あえてインディゴの色を程よく落としたい場合はお湯を使う方法もありますが、基本的に色落ちを少なくしたい場合は水で洗濯するようにしましょう。

 

シミ抜きは自分でしない

自分でシミ抜きをすると、部分的に色が落ちてジーンズの見栄えが悪くなる可能性があるのでおすすめしません。

ジーンズのシミ抜きをしたい場合は、一度クリーニング店に相談してみましょう。

クリーニング店によっては「色掛け」と言って、シミ抜き後に色を補正してくれるお店もありますよ。

 

ジーンズの洗濯の方法

「色落ちは出来るだけ避けたい」

「丁寧に洗濯するのも面倒・・・」

洗濯したいけど、洗濯しないまま放置しているジーンズもあるのではないでしょうか?

しかし、そんなに気負いする必要はありません。ジーンズを洗ううえで最低限のルールさえ守っていれば、手間をかけずに長く履き続けることができます。

ジーンズの洗い方について、手洗いと洗濯機を使った方法をそれぞれ説明していきますね。

 

色落ちを少なくする手洗いの方法

ジーンズ 手洗い

ジーンズの色落ちをなるべく少なくしたい場合は手洗いがおすすめです。

手洗いは洗濯機を使うよりも生地が擦れることがないので、ジーンズへの負荷を抑えられます。

ジーンズを裏返してから洗うようにしてください。

では、具体的な手順を解説していきますね。

用意するものは以下になります。

  • 大きめ桶、もしくはタライ
  • 中性洗剤

大きめの桶がない場合は、洗面台のシンクやバケツなどを利用しましょう。

 

1.水をはった桶に中性洗剤を入れる

ジーンズを入れる前に、水をはって中性洗剤を溶かしておきます。

中性洗剤を入れる量は、水に対して0.2%が目安。

汚れをしっかり落としたいからと言って、中性洗剤を多く使うと色が落ちやすくなります。洗剤の規定量は守りましょう。

また、この時にお湯を使うと色落ちや縮みの原因になるため、水を使うようにしてください。

 

2,裏返したジーンズを押し洗い

擦れて風合いが変わるのを防ぐために、ジーンズを裏返して以下のように洗濯します。

  1. 汚れた面を外側にする
  2. 上からそっと押し込む
  3. そっと持ち上げる

手のひらでゆっくり押し洗いすることを5〜10分繰り返します。

もし汗や皮脂汚れが気になる場合は、押し洗いした後にしばらく5〜10分程度浸け置きするのがおすすめ。

ただし、長時間の浸け置きは色が落ちすぎてしまうので注意してください。

 

3.すすぎ

洗い終えたら、水を入れ替えてジーンズをすすぎます。

中性洗剤であれば神経質に何度もすすぐ必要はありません。2、3回程度すすいで泡が残っていなければOKです。

 

4.脱水

すすぎが完了したら、洗濯機を使って1分に設定して脱水します。

脱水が終えてもまだ水が垂れてくるようであれば、もう一度脱水しましょう。

 

型崩れを少なくする洗濯機の手順

ジーンズ 型崩れ 少なくする 洗濯

しかし、何も考えずに洗濯機にかけてしまうと、色落ちの原因になったり、型崩れする可能性があるので、注意が必要です。

洗濯機を使うときには、以下のポイントを最低限守って洗濯するようにしましょう。

 

1.中性洗剤を使う

洗剤はおしゃれ着洗い用の中性洗剤を使いましょう。

しっかり汚れを落としたいからと言って、界面活性剤や漂白剤を含んだ洗剤は色落ちが進んでしまいます。

また、ジーンズに直接洗剤をかけるとまばらに色落ちするためNG。

水を溜めてから必ず洗剤を入れるようにしてください。その後にジーンズを投入します。

 

2.ジーンズを裏返して洗濯機に入れる

洗濯機に入れる前に、ジーンズを裏返します。

この時に、型崩れしないようにボタンとジップを閉めておくのがポイントです。

色移りを避けるため、他の衣類と一緒に洗濯しないように気をつけてください。

また、ダメージ加工が施されているジーンズは洗濯ネットに入れて洗濯しましょう。

 

3.洗濯機を回す時間を短めに設定する

自動モードで洗濯機を回すと、洗いすぎで色落ちが進みます。

もし洗濯機にドライや手洗いモードがあれば、そちらを選びましょう。

特にデリケートに扱いたいジーンズであれば、洗い・すすぎ・脱水の各時間を1分程度に設定して洗濯機を回すようにしてください。

 

柔軟剤は使用できるのか?

ジーンズの洗濯に柔軟剤はお使いいただけます。

柔軟剤は必須ではないですが、ジーンズのゴワゴワした感じが苦手だという人はぜひお使いください。

 

ホワイトジーンズの洗い方について

ホワイトジーンズは色落ちを気にしなくていいので、洗濯機で洗っても問題ありません。

ホワイトジーンズを洗うときは、蛍光剤入りの粉末洗剤を使っても大丈夫です。

また、水ではなく水温高めのお湯を使うことで、より汚れが落ちやすくなりますよ。

 

ニオイだけが気になる場合

洗濯するほどではないが、ニオイが少し気になるというときは陰干しをしてみましょう。

この時に直射日光を避けるように工夫してください。

もし天候に恵まれず外で干せない場合は、アイロンのスチームの蒸気を当てることでニオイがよく取れます。

 

長持ちさせるジーンズの干し方

ジーンズ 干し方

間違った干し方をすると、ジーンズは傷んでしまいます。

以下のことを気をつけて洗濯物を干すようにしてください。

 

ジーンズを干す際に気をつけるべき3つのポイント

  1. 直射日光が当たらないようにする
  2. 風通しの良いところで干す
  3. しわをしっかり伸ばす

乾燥機を使うと生地が縮んで傷むためNG。ジーンズは陰干しすることをおすすめします。

日光が直接当たるとジーンズが日焼けして変色する恐れがあるので、風通しが良い場所を選びましょう。

もしも外で干す場合は、ジーンズを裏返して干すようにしてください。

また、くしゃくしゃの状態で干すとしわが出来てしまうため、脱水を終わったら形を整えて干すようにしましょう。

 

速乾性を早めるジーンズの干し方

ジーンズは乾きが遅いのが難点。

だからといって直射日光に当てて早く乾かそうとすると、日焼けでダメージが進んでしまいます。

干し方をほんの少し一工夫をするだけでジーンズは早く乾かすことが出来ます。

速乾を早められるジーンズの干し方を2つご紹介します。

 

1.上下を逆さにして吊るす

ウエスト部分を上にするのではなく、裾を上にして吊るす干し方。

上下を逆さにして干すことでしわが伸びて綺麗に仕上がります。

洗濯物は上から乾いていくので、途中で上下を入れることで乾きを早められます。

 

2.筒状になるようにピンチハンガーで吊るす

ピンチハンガーを使ってウエスト部分を広げて固定する方法。

筒状にすることで風の通り道が出来るので、早く乾かすことが出来ます。

 

ジーンズを洗濯して色味を毎回楽しもう

大切なジーンズほど、洗濯するのに少し勇気がいりますよね。

ですが、大切なジーンズだからこそ洗濯はするべきです。

上手に洗濯すれば、毎回風合いを楽しめてジーンズを穿くのが楽しくなりますよ。

色落ちを気にしてずっと洗えずにいた人は、この記事を参考にぜひ一度洗濯してみてください。

 

ボブソンオンラインショップへ