「ハイウエスト」と「ローウエスト」どちらのジーンズがスタイル良く見える? 違いや特徴をご紹介

股上の深さを表す「ハイウエスト」と「ローウエスト」

ハイウエストは脚長効果が絶大であり、ローウエストはヒップラインを美しく見せてくれます。

それぞれ異なる特徴があり、良い点も悪い点もあります。

ハイウエストとローウエストの違いや特徴をチェックして、自分の体型にあったジーンズを選びましょう。

 

BOBSON | ボブソン | 岡山デニム | ストレッチジーンズ | ジーンズコーデ | カラーバリエーション | ベーシック | リベット | 高品質 | ブーツカット | ユニセックス | メンズベルボトム | パンタロン | 1980年代ファッション | 1970年代ファッション | オシャレ上級者 | 足長効果 | ベルボトムジーンズ | ユーズドカラー | ビンテージ加工 | ヴィンテージ加工

ベルボトムジーンズ ユーズドカラー/ユニセックス

¥15,400
24 / 26 / 28 / 30 / 32 / 34

ハイウエストとローウエストの違いは?

ハイウエスト,ローウエスト

「ハイウエスト」と「ローウエスト」とは洋服のウエストの位置を表す言葉です。

「ハイライズ」や「ローライズ」と呼ばれることもあります。

ジーンズの場合、股上(ファスナーの付け根からウエストにかけての長さ)の長さを図ることで見極めることができます。

一般的には股上の長さが25cm以上のものが「ハイウエスト」
股上の長さが23cm以下のものが「ローウエスト」と呼ばれます。

それでは、それぞれの特徴を説明していきます。

 

BOBSON | ボブソン | ハイブリッドチノ | キレイ目コーデ | ストレッチ | カラーバリエーション | ベーシック | 高品質 | テーパード | ワンウオッシュ | レディスコーデ | ベージュ | ヒッピー | 合わせやすい | カジュアル

ジーンズ屋がつくるチノパン【ハイブリッドチノ】ベージュ/レディス

¥9,900
S / M / L / LL

ハイウエストジーンズの特徴

ハイウエスト,ローウエスト

ハイウエストの5つのメリット

1,抜群の脚長効果

ハイウエストのメリットはなんといっても、ウエストの位置が高くなり足が長く見えること。

ヒールに頼らなくても良いほど、脚長効果が抜群です。

2,ウエストが細く見える

ウエストラインできっちり穿くため、ウエストが強調され細く見えます。

ハイウエストジーンズにベルトを付ければ、細見え効果もUPしますよ。

3,気になるお腹周りをしっかりカバー

股上が浅いジーンズを穿いた時に「お腹の肉がジーンズに乗っている!」と驚いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ハイウエストなら、お腹周りをスッポリ包み込んでくれるので、お腹のたるみも気になりません。

お腹が冷えないのも、メリットの1つですね。

4,しゃがんだ時に背中や下着が見えない

しゃがん時に背中や下着が見える心配がないのも嬉しいですね。

しゃがむ機会が多い日は、ハイウエストのジーンズがおすすめです。

5,常にお腹を意識してダイエット効果も

ウエストにフィットしているので、常にお腹の筋肉を意識して過ごすことができます。

食べ過ぎを防ぎ、ダイエット効果も期待できるかもしれません。

BOBSON | ボブソン | 岡山デニム | ストレッチジーンズ | ジーンズコーデ | カラーバリエーション | ベーシック | リベット | 高品質 | ワンウオッシュ | テーパード

プレミアムジーンズ テーパードストレート ワンウォッシュ/レディス

¥11,000
S / M / L / LL

ハイウエストの2つデメリット

1,腰高になることで、骨盤やお尻の大きさが目立つことも

ウエストラインが上がることで腰回りやお尻が強調され、下半身が太く見えることがあります。

腰回りにコンプレックスのある方は気になってしまうかもしれません。

ハイウエストジーンズを購入する時には、必ず試着をしてシルエットを確認してから購入しましょう。

2,お腹周りが苦しい

ウエストにフィットしているので、お腹周りが苦しく感じるのがデメリット。

たくさん食べる日は、ハイウエストジーンズは避けた方が無難ですね。

 

BOBSON | ボブソン | 岡山デニム | キレイ目コーデ | ストレッチ | カラーバリエーション | ベーシック | 高品質 | ストレート | ジーンズコーデ | ユニオンスペシャル | インディゴ | ビンテージ加工 | ヴィンテージ加工 | レディス

プレミアムジーンズ  ストレッチデニムストレート  ユーズド/レディス

¥14,300
S / M / L / LL

ローウエストジーンズの特徴

ハイウエスト,ローウエスト

ローウエストの4つのメリット

1,ウエストの締め付けがなく楽にはける

ベルトのラインがおへそよりも下なので、お腹まわりが圧迫されず窮屈感がありません。

2,ウエストのサイズが気にならない

くびれがない寸胴タイプの方にはウエスト周りが強調されないローウエストのジーンズがおすすめ。

トップス次第でウエストを気にせずオシャレが楽しめます。

3,腰回りがスッキリ!着痩せ効果抜群

ジーンズがウエストを覆わないことで、腰周りがもたつかずスッキリとした印象になります。

4,お尻を小さくスタイルアップ

ハイウエストのジーンズに比べて、お尻周りの生地の面積が少なくなるため、小尻効果も抜群。

お尻から足にかけてのラインが美しく見えます。

ローウエストの2つデメリット

1,インナー選びに工夫が必要

股上が浅い分、しゃがんだ時に下着や背中が見えやすくなります。

ローウエストのジーンズを穿く時は、ローライズの下着を選んだり、長めのトップスを選ぶなど工夫をしましょう。

2,お腹の肉が気になることも

ローウエストジーンズを穿く時にお腹の肉が気になる方も多いのではないでしょうか?

特に座った時に気になりますよね。

ローウエストはお腹周りに締め付けがない分快適ですが、なるべく腹筋に力を入れてお腹のたるみを防ぎましょう。

 

BOBSON | ボブソン | 岡山デニム | キレイ目コーデ | ストレッチ | カラーバリエーション | ベーシック | 高品質 | テーパード | ジーンズコーデ | ユニオンスペシャル | インディゴ | 白パン | 抗菌超撥水 | 防汚 | 天然由来成分 | ワンウオッシュ | レディス

プレミアムジーンズ  テーパードストレート 抗菌・防汚・撥水加工ホワイトデニム/レディス

¥13,200
S / M / L / LL

自分の体型に合わせたジーンズを選ぼう

ハイウエスト,ローウエスト

ハイウエストもローウエストもそれぞれメリット・デメリットがあります。

脚長効果を一番に求めるならハイウエストのジーンズを。

お尻を小さく見せたいのならば、ローウエストのジーンズを。

自分の体型と向き合いながら、自分に似合うジーンズを見つけてくださいね。

高品質な国産デニムを扱うBOBSONオンラインショップでは、ボディラインを綺麗に見せるテーパードのジーンズや脚長効果抜群のベルボトムもご用意しております。

ぜひチェックしてみてください。

ボブソンオンラインショップへ